本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

とくしまマラソン2019 サブフォー復活!

2019-03-19

とくしまマラソン2019 サブフォー復活!

https://www.relive.cc/view/2218939741

2019年3月17日とくしまマラソン参戦してきました。
天候は曇り一時雨

 

スタート前の準備時点は寒かったですが、スタート列に並んだときは皆の熱気に囲まれ、Tシャツ・短パンでも寒くありません。

 

海部マラソンでは足痙りで四時間切れませんでしたが、何とか今度こそ一年ぶりに四時間切れるよう抑え気味で臨みました。

 

知った顔ぶれと抜きつ抜かれつしますが、大幅に置いて行かれたら無理して追いかけません。


大抵ここで無理をすると最後に脚が終わって結局遅くなってしまうのです(^^;

 

無理して飛ばしすぎている奴には必ず追いつけるし、実力のある奴には最後まで追いつけないのです(^^;

 

30km過ぎた辺りで、横殴りの冷たい雨が降って来ました。
汗かきの私には恵みの雨です、足痙りが起こりそうなペースを少し上げることが出来ます。
寒さに弱い人は低体温症で何人もリタイヤしたと聞きました。

 

残り2kmまで来たときにはさすがにペースダウンしましたが、何とか目標の4時間切り達成(3時間54分)出来ました\(^o^)/

 

しかし、マラソンブームもかなり盛り上がってきて、四時間前後でゴールする人の多いこと(゚o゚;)
あと10分位は速く走らないと自慢できないレベルになってきました(^^;


PS.来月には松山駅から徳島中央公園・鷲の門まで188kmの道のりを24時間制限でどこまで戻れるか?
【キャノンボール2019】が有ります。
完走率1%

 

さて、今年は時間内に何人がゴール出来るのか?
乞うご期待!

走る総務課長

創立57周年

2019-03-19

弊社は3ヶ月前に、創立57周年を迎える運びとなりました。

これもひとえに皆様方の厚いご支援と温かい激励の賜でございます。

ここに心より感謝を申し上げます。

今後とも昭和コンサルタントをどうぞよろしくお願い致します。

 

今年も、昨年に引き続き記念品の紅白饅頭をいただきました。

 

蒲生田のヴォルティス

雪山登山

2019-02-18
今年は、雪が少ないみたいです。
高越山と八面山に行ってきました。デジカメのバッテリーの調子が悪く、撮りたかった映像がありません。
でも、少し、雪山を楽しみました。
 
阿波の登山家

徳島輸入車ショ-を見に行きました

2019-02-15

徳島輸入車ショ-を見に行きました(^^)

ランボルギーニ、フェラーリ、アストンマーティンなど

他にもたくさんの車がありました。

間近で見ることができ、内装も見て、運転席にも座れたので大満足です。

ちなみに、会場には自転車で行きました。

 

当選半端ないっ

「千羽海崖トレイルランニングレース2019」へ行ってきました。

2019-02-04

ロングクラスは全長37km。
距離だけ聞くとフルマラソンの42kmより5kmも少ないので楽そうですが、フルマラソンを二回走ったくらい疲れました。
レースの一ヶ月前に60km走をした後は、筋肉痛が無かったにも関わらず、千羽レースの後は筋肉痛で死にそうでした。

 

473名出走、305名フィニッシュ(完走率64.58%)で、ある程度完走に自信があって参加している人たちの大会にしては、完走率は低いです。
つまり、それだけきついと言うことなのです。

 

私は三回目のチャレンジで、過去二回第三関門で時間切れタイムアウトになっています。

 

今回こそはと挑みましたが、昨年より関門一つ多く進めたもののまたもやタイムアウトです。
100kmマラソンとか24時間山岳耐久マラソン等完走出来ているにもかかわらずです。

 

https://www.relive.cc/view/2090924808

 

↑↑上記リンクをクリックして左上の再生ボタンを押すと、私のランニング仲間10人とのデットヒートを見ることが出来ます。

 

なんせ、千羽海岸レースは関門時間が厳しいのです。
アップダウンがきついので、脚の前後にじわじわと負荷が掛かりますが、エイドステーションも少ないため、休憩するきっかけがありません。
どんどん疲労が溜まって脚が痙ってしまいます。

 

それと、一気にせまいトレイル道へ人がなだれ込みますので、写真に有る様に渋滞するし、日本でも珍しい海岸線の岩場を走る過程で、海に浸かるか浸からないか?の選択を迫られる地点がありますが、まじめに並んでしまうとその渋滞で20分もタイムロスします。
私は1月の海に浸かって並んでいる人たちを50人一気に追い越しました。

 

それでも、第三関門の制限時間4分前通過という厳しい時間設定。
そこから一気に一番きつい登りが始まるので、脚の休まる暇がありません。
その登りで足痙りが始まりついに第四関門タイムアウトになってしまいました。

 

来年こそは完走すべく、走り込みを続けたいと思います。

 

走る総務課長

TOPへ戻る