本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大塚国際美術館に行ってきました♪

2018-07-26
     バベルの塔  真剣に見ています
アートコスプレ・フェス2018のゴッホから撮影しました
システィーナ・ホール 入った最初にあります
         モネの睡蓮
  レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐
        ゴッホのひまわり

 

初めて行きました。

 

古代から現代まで1000点を超える作品数は圧巻で

美術に疎い私でも見た事のある有名な作品も数多くあり見応え十分でした。

 

喫茶コーナーやレストランなどもあり「疲れたら来ようかな…。」と思っていたものの

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

久々に芸術に触れて有意義な時間でした♪

 

ハンドルネーム  黒タオル

当選しました(2名様)!!

2018-06-22

ハーバリウムは、以前から欲しかったので嬉しいです。

 

ハーバリウムとは専用オイルを入れた瓶に、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを

詰めたもので新感覚のインテリアです。

 

 ブルーと黄色がとても色鮮やかで涼しそうな感じがします。

早速、お部屋に飾りたいです(*^o^*)

 

ハンドルネーム 当選半端ないっ

ヴォルティスの試合を見に行って、次の日の日曜日は和田島の方までキス釣り

2018-06-19

3土曜日の仕事終わりにヴォルティスの試合を見に行って、次の日の日曜日は和田島の方までキス釣りに行ってきました。

日々、充実しています。

 

ヴォルティスは、なかなかおもしろい試合をしていたのですが、おしくも1-2でレノファ山口に負けてしまいました。

 

次の日のキス釣りは、ちょうど着いたのが時合だったのか、いい調子で釣れました。ただし最後の方はほどんど釣れなくなってしまいました。なお、時合だった頃に、今まで釣ってきた中で一番大きなキスが釣れました。

 
やっぱり釣りは面白いですね!        三平

高野山龍神ウルトラマラソンへ修行に行ってきました。

2018-06-12
スタート前
精進料理
こうや君

高野山龍神ウルトラマラソンへ修行に行ってきました。

西日本一過酷と言われる100kmマラソンです。
何が過酷かというと、高低差が凄い!
上ったり下ったりしますが、上りだけの合計が3,100m以上有ります。

 

それから後半の関門の時間制限(○時までにこの地点を通過していないと、体力有っても走らせませんと言う奴)が厳しいんですねぇ(^^;

 

それプラス運営体制がいまいちで、どのエイドステーションにどれだけの量の水分や補給食が必要なのかと言うのが分かっていないため、55kmで折り返して12kmの急坂を上り切った所に、本来有るべき、うどんやカレーが品切れで、チョコと水しか無いという有様。

 

普通の100kmマラソンを何度も完走出来ている人でも、栄養不足で何人もリタイヤしていました。

私は最近エイドステーションの少ない山のレースに参加していたため、予備のエネルギーゼリーをいくつか持っていたので、エネルギー切れにはなりませんでした。

 

しかし、スタート前から右足の母子球辺りが痛く、暖まって痛みが引けば何とかなると思ってスタートしたものの、暖まっても痛みが治まらず、スピードが上げられませんでした。


結局86kmの関門に引っかかり、最終ゴールまでは、残り14kmで1時間45分も有るのにタイムアウトとなりました。
ここからは、下り基調なので、この関門をクリア出来れば何とかゴール出来る残り時間だったのです。


完走出来なかったのは残念ですが、体力的には問題無く、足裏の痛みを克服できれば西日本一過酷なウルトラでも完走は出来るレベルにいることは分かりました。

 

過去10年で足の痙らなかったレースは今まで1回しか有りませんでしたが、こんな過酷なレースで痙らなかったのは嬉しかったです。

次回開催されればまたチャレンジして今度こそ完走したいと思います。


宿泊は宿坊に泊まり、精進料理を食べました。
レースの翌日には早朝6時からお坊さんのありがたいお話が有りましたが、さすがに疲労で参加する気になれませんでした。

 

高野山の見所を3箇所ほど回ってなんとか無事帰ってくることが出来ました。
奥の院では、豊臣秀吉・福助・アデランスの墓やロケット型の墓と普段見られないお墓が沢山有りました。
普通はお墓なんて写真に撮るものでは無いと思いますが、ここは見学して貰うための珍しいカタチのお墓が多かったです。

 

今回はスケジュールの関係で車で行ったのですが、100km走った後にアクセルやブレーキが踏めるだろうか?と心配しましたが、その辺りの筋肉は案外使わず、眠気さえ無ければいけることも再発見できた旅でした。

 

走る総務課長

 

飛行許可・承認の更新について

2018-06-01
先日、あるところでドローンの活用方法についてプレゼンをする機会を頂きました。
 
我々の日常的な仕事とは少し方向の違う分野なので、頂いた意見はとても参考になりました。
そして、まだまだドローンには可能性があるなと思いました。
 
それと、6月1日より航空局の飛行許可・承認を更新しました!
この春から許可・承認の受付がDIPSというオンライン申請システムに移行しました。
前は個別にメールでやりとりしていましたが、平成29年は年間2万件近くの申請があったそうで、
航空局直営で対応するには無理がある量ですよね。
 
私がやりとりしたときも2重に許可が来たこともありました・・・。
まだ始まったばかりなので、とてもホームページが重いなど問題もありますが、改善されていくものと期待しています。
 
今回は、これまで許可・承認を受けていた「市街地(DID地区)での飛行」と「人・物件から30m未満の飛行」に加えて、
もっと色々なニーズに対応できるように「目視外飛行」と「夜間飛行」についても承認を受けています。
 
四国4県と兵庫県だった飛行範囲も日本全国に広げました!
 
新しい計画も・・・
 
ドローン活用担当リーダー
TOPへ戻る