本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

台風5号に関する氾濫状況の調査

2017-08-07
        台風5号の進路
        水位観測してます。
最大時間雨量30mm/h、累計雨量115mmくらいでした。
8月7日(月) 台風5号について氾濫状況の調査をしています。
 
河川では、堤防によって守られた人が住んでいる側、家屋などが建っている側を「堤内」、また、堤防の川側を「堤外」と言います。そして、「堤内」の河川の水を内水、「堤外」の水を外水と言います。
 
雨が降ったときの氾濫には二種類あって、「外水氾濫」と「内水氾濫」があります。今回の調査では「内水氾濫」を対象にしています。
 
「外水氾濫」は、大雨などによって川の水が堤防を越えてあふれたり、堤防の土砂が流されて決壊することを言います。
 
「内水氾濫」は、内水の水はけが悪化し、道路、土地、建物などが浸水することを言います。
具体的には、雨の量が側溝・排水路やポンプ施設などの能力を超えて、排水できなくなります。また、支川が本川に合流するところでは、本川の水位が上昇すると、本川の外水が支川側に逆流することもあります。そのために、樋門や排水機場等が設置されます。
 
最近、特に都市型水害と言う言葉をよく聞きますが、その要因として①局所短時間での豪雨(通称:ゲリラ豪雨)の激化や頻度増加、②農地などが開発されて、雨水が浸透しにくいアスファルトやコンクリートに地面が覆われることによる保水機能の低下、③地下利用などによる被害増大などが考えられます。
 
このような所では、降った雨水のほとんどが一気に流れ出して、「内水氾濫」により家屋、地下室などの浸水被害を起こします。
 
今回、調査をした箇所では大きな被害を出すような「内水氾濫」はありませんでしたが、これまでに「内水氾濫」が報告されている箇所で、実際に現地で起こる現象を把握することは非常に大事なことです。被害軽減のための対策をするには、調査結果が対策の検討につながるようにとりまとめなければなりません。
 
ドローン活用担当リーダーより

ホット一息

2017-08-07
休日は、家の愛犬と遊びます。
やっぱり、この子達が私の心身共を癒してくれます(●^o^●)
かわいーねー(^-^)
LV39 こまねち

カンパーイ!

2017-08-04
ありがたいお言葉を聞きながら・・・         (本日、にぎわってます。)
カンパーイ!右上後ろに眉山が見えますね。
お猿さん、みなさんに礼儀正しく一同礼!
デーブルに来てくれたお猿さんに若干ビビッてます
至近距離から、バッチリ見れました。
曲芸披露
玉乗り曲芸披露です。わたしはむりやなぁ・・・。
 
8月4日の今日は、週末and暑かったので、皆でビアガーデンに行きました。
ステージでは猿まわしのパフォーマンスがありました。
超近くで見れて、テンション↑
ハンドルネーム 蒲生田のヴォルティス命               
 

洲本城でドローン撮影

2017-07-30
   ドローンで撮影 上空は霧の中
       中央が本丸付近
          本丸上空 170枚撮影
    西の丸からのドローン離発着
        西の丸上空

平成29730()   洲本城跡 ドローン空中写真撮影

徳島県立つるぎ高等学校建設科の建築クラブでは、洲本城の再現模型の製作に取り組んでいます。私たち昭和コンサルタントも縁あって少しですがお手伝いをすることになりました。以前、68日に学校で新しい建設技術を知ってもらう目的で、ドローン公開授業を行いました。今日は、洲本城跡のオルソ写真を作成するために、ドローンで空中写真撮影をしてきました。洲本市教育委員会の方のお話を頂いてから、私が飛行計画の説明をした後、先生方や生徒に分担して配置についてもらって、安全のための監視を手伝ってもらいました。

 

できるだけ早く取り掛かろうと10時前には飛行を始めましたが、上空は霧の中。50mも上げるとボヤ~っとして解析に使えないような写真しかとれません。ドローンも霧で濡れてしまったので少し待機。山の下の市街地から撮った写真でも城の辺りがガスっているのが分かります。

 

30分ほど待機してもあまり晴れないので、ガスの影響を小さくするため、本丸付近に範囲をしぼって高度を下げた空中写真撮影をしました。

 

本当は見通しの良い本丸を離発着ポイントにして全体を撮影する予定でしたが、本丸より西の丸の標高が少し高いため、西の丸付近に移動して空中写真撮影をすることにしました。

西の丸には、監視員として待機していた班がいて、トラブルでずいぶん待たせてしまいました。ごめんなさい・・・。

 

結局、西の丸で飛ばす頃に少し霧が晴れてきたので、高度を上げて広範囲の写真を撮影することになりました。こちらは木で覆われている箇所が多いので高度を上げてやらないと一致点を検出しにくくなります。西の丸からは140枚ほど。

生徒たちは本丸で石垣の計測をするため、こちらの班は武者溜まりに移動して撮影飛行。武者溜まりからは90枚ほど。

 

本丸側で監視していましたが、海側に鳥がいっぱい飛んでいて少しヒヤヒヤしましたね。

小さいドローンだと鳥に掴まれて持っていかれることがあるそうですよ!

 

作業後は、つるぎ高校の先生方と生徒たちと昼食をご一緒して、徳島に帰ってきました。

洲本城でドローン撮影の追記です。

2017-07-30
重要
             洲本城跡の下の大浜海水浴場

この時期、ドローン飛行に向いた風の無い好天は、とても暑くて汗ダラダラです。

 

帰る前に洲本城跡の下の大浜海水浴場で体を冷やそうと海パンを持ってきていたのですが、なぜか他の二人は持ってきていないので諦めました。

 

(重要注意) 今回撮影を行った山のすぐ近くが市街地でDID地区です。DID地区での飛行は航空法の制限がありますので、風に流された場合や緊急着陸させる場合を考えて、国交省の飛行許可・承認を取ったうえで飛行させています。また再現模型作りはつるぎ高校と洲本市教育委員会が協力しているもので、そのための作業として飛行させています。無許可での飛行はしないようにお願いします。
 
(追伸)
山の下のDID地区は市街地で、海岸は日曜日とのこともあり海水浴の人でいっぱいでした。
ドローンが突風などによって落下するリスクも考えて、この地区にも人を配置して、他者に危害を与えることがないよう監視しました。
 
ドローン活用担当リーダーより
TOPへ戻る